意外性を求めて福袋を買います

福袋といえば、新年の初売りの時に買うものですが、衣類の福袋を買うときには、意外性を求めているといえます。

 

自分では決して買うことがないようなものが入っていたりして、着てみると意外と似合ったりして、再発見をすることになります。

 

お徳感もありますし、冒険をするには福袋は最適だと言えます。

 

決して買わないような色の服が入っていたりすると、あれ?と思うものですが、実際に着てみると意外と似合ったりして、ワードローブに新しい色の服が増えたりします。

 

 

福袋に入っているものは意外性があって、自分の魅力を再発見することができて、とっても素敵なものです。

 

安いので外れてもそれほど損をしたような気持ちにならないので、とってもいいです。

 

福袋を求めて。

 

10年位前までは福袋を購入する時は断然、お店へ行って選んでいました。

 

勿論中身が分りませんが、どれにしようかな?と選ぶことが楽しかったりしからです。

 

しかし、時には思った店の福袋が買えない事もあったので、そんな時はもやもやも感が残り、わざわざお店へ行ったのにな〜と言う持ちが強くなりました。

 

 

 

そんな中、ママ友からネットで福袋を買えば手間はないし、買いそびれがないから良いよとアドバイスを受けました。

 

 

それからは断然、福袋はネットで購入をする様になりました。

 

 

ネットで購入する福袋は自分で選ぶよりも良いものが入っている気がするので、人が選んでくれた福袋もいいもんだな〜と思っています。

 

 

今年は今から福袋の時期が楽しみです。

 

何が入っていても楽しむもの

福袋と言うのは、何というか在庫処分的なもののイメージが持たれている事も少なくありません。

 

 

私自身そう言った感じの物だろうな、というのを掴んだことは一度や二度では済みません。

 

 

 

ですがその一方、福袋を買って損をしたと感じたことはむしろ少ないです。

 

 

少なくとも丸っ切り使えない、商品として成立しない物は入っていませんからね。

 

 

しかも最大級の大安売りで買った時より安くなっているのが普通ですし。

 

 

 

そして、極たまにですが大当たりを引くときもあります。

 

 

これもまた福袋の醍醐味と言うべきでしょう。

 

 

ちなみに私が今まで買った中で一番の当たりは、某パソコンショップの福袋です。

 

 

そろそろ買い替えたくて狙っている種類のパーツや周辺機器が全部ピンポイントで揃っていた時は流石に震えました。

 

 

 

まあ何だかんだ、福袋と言うのは何が入っていても楽しめるものです。

 

2018年ミキハウスの福袋 2018年メゾピアノの福袋 レトロガール 福袋 イネド 福袋

 

更新履歴